研究室・スタッフ紹介

智山伝法院は正副院長を中心として3つの研究室と事務局から構成されております。各研究員はそれぞれ宗学研究室・仏教学研究室・現代宗教研究室に所属し、研究に従事しています。

研究室紹介

宗学研究室

宗派の教義を研究することを宗学といいます。私たち宗学研究室では、弘法大師空海や興教大師覚鑁などの祖師先学の教えを中心に、事相や歴史などを視野に入れ、日本仏教全般に関する研究に取り組んでいます。

仏教学研究室

古代インドにはじまる仏教は、時代と地域を超えて、現代に生きる人々の心のよりどころとなっています。経典・論書・儀軌の多くは、サンスクリット語・チベット語・漢語によって表されています。仏教学研究室では、それらの原典に基づいて、インドから日本に至るまでの、仏教の教理・実践面に関する研究に取り組んでいます。

現代宗教研究室

私たち宗教者は、社会とどのようなスタンスで関わっていったらいいのか。あるいは現代の様々な社会問題をどのように考えるか。現代宗教研究室ではこうした問いについて、仏教に限らず、哲学、心理学、科学、法学など多角的な視点から研究をしています。

スタッフ紹介

院長
宮坂 宥洪
副院長
鈴木 晋怜
  宗学研究室 仏教学研究室 現代宗教研究室
常勤教授 小林 靖典 山本 隆信 田村 宗英
非常勤教授   元山 公寿 阿部 宏貴
常勤講師  別所 弘淳  駒井 信勝 安井 光洋
非常勤講師 佐々木 大樹
小宮 俊海
高松 宏寶 竹内 照公
客員講師 伊藤 堯貫 金本 拓士
種村 隆元
関 義央
佐藤 隆一
常勤研究員 鈴木 晋雄 松本 亮太 小崎 良行
非常勤研究員      
嘱託研究員 貝谷 隆慧
橋浦 寛能
川﨑 一洸
松本 恒爾
宮坂 宥峻
 
准研究員    
事務局 陶山 憲雅 /  森田 素子 / 村磯 頼裕 / 大場 久和 / 服部 文