拝観のご案内

総本山智積院は、真言宗智山派三千ヵ寺の総菩提所・総祈願所で、京都東山(JR京都駅よりバスで約10分)に位置します。その智積院には、数々の伽藍と多くの貴重な文化遺産があります。
特に長谷川等伯(1539-1610)とその弟子達によって描かれた「楓図」「松に立葵図」や等伯の長男・久蔵の作とされる「桜図」は、桃山時代を代表する障壁画であるとともに、日本が世界に誇り得る第一級の絵画です。
また、大書院東側の名勝庭園は、桃山時代に造られた庭園で、中国の廬山を形どって作られた利休好みの庭として有名です。
皆さまのご参拝をお待ちしております。

拝観時間・拝観料

名勝庭園の拝観時間と拝観料(※12月29日,30日,31日はお休みとなります)

※令和4(2022)年11月17日~令和5(2023)年4月3日まで、新しくできる展示収蔵庫宝物館へ国宝障壁画を移動するため、国宝障壁画の拝観を停止いたします。それに伴い、拝観料が下記のとおり改訂されます。

拝観受付時間 午前9時 ~ 午後4時
拝観料 一 般 300円
高校生 200円  中学生 200円  小学生 100円

※団体割引(それぞれ20名以上は1名につき50円引き)
※小学生未満は無料で拝観いただけます。
※障害者手帳(身体障害者手帳・精神障害者手帳・療育手帳)をお持ちの方は受付で提示いただけましたら、ご本人様は無料で拝観いただけます(付添いの方は有料となります)。 

【拝観時の注意事項】
※衛生環境保全のため、境内では喫煙、食事、ペットの散歩はご遠慮ください。また、三脚を用いた写真撮影および着物等を着用しての営利目的の写真撮影はご遠慮ください。

境内図⑮総門(正門)は七条通りの突き当たりにあり、普段は通ることができません。ご参拝の際には、総門を正面に右へ行くとロータリーがありますので、そこからご参拝ください。

 

360°VR境内画像

国宝障壁画や名勝庭園、講堂の田渕俊夫画伯の襖絵や普段は非公開の宸殿内にある京都画壇の巨匠堂本印象の襖絵を360°VR画像でご覧いただくことができます。
https://timeage.net/VR360/chisyakuin/