宗祖弘法大師空海ご誕生1250年慶讃事業

令和5年(2023年)は弘法大師空海さまがご誕生されて1250年の記念の年にあたります。

弘法大師・空海(774-835)は、宝亀(ほうき)5年6月15日、現在の香川県善通寺市にお生まれになりました。15歳で都に上り、18歳の時に大学に入学します。
大学では中国の哲学、思想を学びますが、やがて立身出世を目的とした大学の学問に疑問を感じるようになりました。
そして24歳の時、「仏教こそが最高の教えである」という考えをまとめた『三教指帰(さんごうしいき)』を著すと、山野を巡り修行する出家修行者となり、各地で厳しい修行を重ねました。
そしてある夜、大和国久米寺の東塔の下に仏教の究極の教えである密教を説いたお経、『大毘盧遮那成仏神変加持経』(だいびるしゃなじょうぶつじんぺんかじきょう=略称は『大日経』)があることを夢で知り、この地を訪ね『大日経』にめぐりあいました。

しかし『大日経』を読んでもその意味は十分にわからず、かといって、その疑問に答えてくれる師は日本にはいません。
そこで師を求め、唐(現在の中国)の都・長安へ留学することを決心したのです。
延暦23年(804)7月、31歳のお大師さまは九州長崎の松浦郡田の浦から遣唐使船に乗り長安をめざします。
海上での暴風雨、長い陸路の旅など幾多の苦難に遭遇しますが、出帆して半年後、やっと唐の都・長安に到着します。

長安では密教の師を求めて諸寺を歴訪し、ついに正統な密教を受け継ぐ唯一の僧侶、青龍寺(しょうりゅうじ)の恵果阿闍梨(けいかあじゃり)に巡りあいます。
恵果阿闍梨は自らが受け継いだすべての教え、そして密教の奥義を余すところなくお大師さまに伝え、ここにお大師さまは密教の正統な後継者となるのでした。
すべてを伝えた恵果和尚は「一刻も早く日本に帰り、密教を広め人々を幸福にするように」とお大師さまにすすめます。

そこでお大師さまは20年間の留学僧としての勤めを2年足らずで切り上げ帰朝するのです。 帰朝後は、恵果阿闍梨の教えどおり真言宗を立教開宗し、京都の教王護国寺(東寺)、和歌山の高野山を拠点として活躍します。
その活動は、宗教活動はもとより、社会活動や文芸活動、書など多岐にわたり、偉大な足跡を残されたのでした。
そして承和(じょうわ)2年(835)3月21日、高野山で62歳のご生涯を終え、入定されるのです。

弘法大師空海さまは、真言宗を開宗された方というだけでなく、古来より親しみを込めて“お大師さま”と呼ばれて多くの方々に信仰されてきました。四国のお遍路さんなどを見ると、今や世界中の方々がお大師さまに手を合わせ、いつもお大師さまとともにあるという「同行二人」の祈りを捧げています。そのようなお大師さまのご遺徳に対し、私たちは力を合わせ、ご恩に報いていきます。真言宗智山派ではこの慶事に、下記の慶讃事業を行います。

ご誕生慶讃法要
展示収蔵庫の建設
智積院金堂補修事業
・その他慶讃事業
みなさま、どうぞこのご勝縁をともにお祝いいたしましょう。

※ページは随時更新してまいりますので、お楽しみにお待ちいただければと存じます。